家の壁に絵画をおしゃれに飾る方法や選び方とは?

新居への引っ越しのタイミングやリモートワークでの在宅増加を受けて、お家をもっと自分色にしたい!なんて想いはありませんか?自分のアイデンティティを表現するときに、どんな飾り方がいいのか、そもそもどういう絵を選べばいいのか、そんな悩みがあると思います。この記事では、お家に飾る絵画の選び方と飾り方について紹介します。

◾️絵画の選び方

まずは絵画の選び方についてです。部屋と絵画の調和を気にしながら、自分が欲しい絵画を考えていきましょう。

①部屋のテイストを考える

まずはどういった部屋の雰囲気にしたいかを考えましょう。「モノトーン」「モダン」「クラシック」など様々なテイストがあげられます。例えばモダンであれば、白地のキャンバスアートや、黒字の版画、ベージュや茶色のポスターアートなど、上品で落ち着きのある絵画がおすすめです。まずは部屋のテイストを決めてから絵画選びを始めましょう。

②サイズを考える

次は絵画のサイズです。部屋のどこに飾るのかによって絵画のサイズは変わります。例えば、ベッドの上など、壁のスペースが横長に余っている空間なら横長の絵画、窓がある壁面に飾りたいのであれば、スペースは狭いので小さめの正方形の絵画など、飾る壁面によって絵画のサイズが決まります。あなたのお家のどこに絵画を飾りたいかを考えましょう。

③絵の種類を考える

最後に絵の種類です。絵画といっても実は、種類が豊富にあります。キャンバスアートや額縁のついたアート、他にもポスターアートなどもあります。1点ものが欲しい時は原画のキャンバスアート、「ゴッホ」「モネ」などの有名な画家の絵画を飾りたいときは複製のポスターアートがおすすめです。

 

◾️絵画の飾り方

飾りたい絵が選べたら、次はお部屋の飾り方です。飾る方法は主に2ステップです。

①飾る場所を考える

まずは飾る場所を考えましょう。リビング、トイレ、寝室、玄関など、絵画を飾るスペースは実に多用です。飾る場所が決まった後は、どの壁に飾るかを決めましょう。この時、部屋の中で魅せる部分を決めることがおすすめです。部屋に入ったときにどの壁を見せたいかを意識して決めましょう。そして飾るときは、壁の周囲にあるインテリアの色味や配置を踏まえて、検討していきましょう。

②配置を考える

飾る場所を決めたら配置を考えましょう。まず高さは目線の高さ140cm~150cmに絵の中心がくるように設置しましょう。また絵画が複数ある場合は、並べ方の工夫も重要です。王道に横か縦に並べる方法もあれば、ランダムに配置したり、サイズの違う絵画を上手に配置して四角に収めるのもいいでしょう。

■まとめ

今回はアート絵画を家に飾る方法について紹介してみました。いろんな飾り方があるので、シチュエーションに合わせて飾り方を検討してみてくださいね。

また、お部屋にぴったりなインテリア絵画を探すなら、ぜひCiima~シーマ~を覗いてみてください。あなたにぴったりのアート作品と出会えるかもしれません。

Ciimaのサイトショップはこちら