トイレに絵画・インテリアアートを飾るときの風水の注意点は?

トイレは小さな空間なので、インテリアのセンスを出しやすい場所です。そんなトイレにおける絵画・アートを飾る際の風水の注意点を解説していきます。

■そもそも風水におけるトイレとは?

トイレは風水的にどこにあっても、気の落ち込みやすいものとして知られています。水場は汚れやすいので、運気をさげます。空気もこもりやすいので、掃除をこまめにしつつ、リフレッシュな気分を感じさせる絵画を飾ることで、運気を上げることが重要です。

 

■トイレに向いている絵画

トイレに飾る絵は安価なものを選びましょう。汚れやすい場所のため、いつでも取り換えられるものにしておくことがおすすめです。また、トイレはただでさえ運気が下がりやすので、複雑な印象の絵や暗い絵は避けて、シンプルなものを選らびましょう。

 

■方角別におすすめの絵画

方角別に運気の上がる絵や色を紹介していきます。方角によって気の流れが違いますので参考にしてみてください。

・北:この方角は冷えやすい環境ので、暖色系の絵がおすすめです。ピンクやベージュなどがあげられます。ほかにも丸みがある要素が多い絵もよいとされています。また、暖色系の絵は、恋愛運や健康運、金運に効果があるといわれています。

・北東:この方角は変化の方角と言われるます。落ち着いた色の絵画を飾ることがおすすめで、ホワイトを基調とした絵がいいとされています。また、この方位は高さを象徴するといわれており、雪が積もっている山の絵などがおすすめです。

・東:この方角は風水では、物事の始まりを象徴する方位とされています。なので、発展や向上が感じられる活発なイメージの絵がおすすめです。色としては、赤や青色の絵を飾るのがおすすめです。東は朝日が昇る方角なので、太陽の絵を飾るのもおすすめです。

・南東:この方角は、恋愛運や結婚運に関連するといわれており、パステルカラーがおすすめです。やわらかい印象を与える絵がいいので、花の絵などがおすすめです。

・南:この方角は、人気運や美容運に関連する方角で、明るめな緑や黄緑がおすすめです。植物が描かれた絵や、緑が生い茂る木の絵などがおすすめです。

・南西:この方角は、家庭運をつかさどる方角です。落ち着きのある茶色などのアースカラーがおすすめです。絵としては、和柄をモチーフにしたものがおすすめとされています。

・西:この方角は、商売運に関係している方角で、お金を連想させるような、金やシルバーの絵画がおすすめです。日の光を感じるような果実や自然の絵がおすすめです。

・北西:この方角は、主人の方位と呼ばれるなど格の高い方角です。仕事運に関係していると言われており、白のような高貴な色がおすすめです。高級感を感じさせる光沢のある絵などもおすすめです。

 

 

■まとめ

今回はトイレに飾るインテリア絵画について紹介してみました。飾るテイストの工夫や風水の注意点など、実は気にするポイントがたくさんあります。運気が上がる絵画を選んで飾ってみてくださいね。

また、お部屋にぴったりなインテリア絵画を探すなら、ぜひCiima~シーマ~を覗いてみてください。あなたにぴったりのアート作品と出会えるかもしれません。

Ciimaのサイトショップはこちら