おしゃれなインテリア絵画や油絵の選び方とは?人気やおすすめの絵画をご紹介!

「インテリアとしておしゃれな絵画や油絵を飾ってみたい」「でもどんな絵画を飾ればいいかわからない」そんなお悩みはありませんか?今回の記事では、飾りたい絵画が決まっていない方向けに、飾るイメージがつかめるような、人気でおすすめの絵画の種類を紹介していきます!

■絵画に描かれているジャンルで決める方法

まずは、描かれているジャンルで絵画を選ぶ方法についてご紹介します。絵画には大きく分けて2つのジャンルがあり、抽象画と具象画に分けられます。それではそれぞれの作風の説明をしていきます。

・抽象画を飾る

抽象画とは、非対象絵画、無対象絵画、絶対象絵画のように、具体的な対象を描き写さない絵画のことを指します。抽象画から漂う洗練された雰囲気は、部屋の印象を引き締めてくれます。また、抽象画はさまざまな種類があり、幾何学模様の作品や、グラデーションタイプ、記号を用いた作品など、様々な作風があります。好みの作風を探して買ってみるといいでしょう。

・具象画を飾る

具象画とは、具体的な対象物を、極端な捨象なしに具体的に描いた絵画のことです。つまり、風景画や人物画、動物や植物の絵などを指しています。お部屋を穏やかな雰囲気にしたいときには具象画がおすすめです。

 

■絵画のテイストで決める

お部屋に飾る絵画ですが、ジャンルだけでなくテイストで決める方法もあります。お部屋の雰囲気に合わせて、北欧、レトロ、モノトーン、ナチュラルなどの絵画を使い分けてみるのがおすすめです。

・北欧風の絵画を飾る

北欧風の絵画は、外国の高級ホテルを訪れたような凛とした雰囲気を生み出してくれます。また、絵画を飾るときは、周りのインテリアのテイストと合わせたコーディネートが重要です。家具やインテリア雑貨も北欧風な清涼感のあるものでそろえて、統一感を出すのがおすすめです。

・レトロな絵画を飾る

ヴィンテージな雑貨やアンティークな家具が置いてある部屋には、レトロな絵画がおすすめです。まるで異世界に来たような大人な雰囲気を楽しむことができます。少し暗い照明を合わせることでより一層、レトロな雰囲気を生み出してくれます。

・モノトーンの絵画を飾る

真っ白な壁が特徴的な部屋には、モノトーンの絵画がおすすめです。家具やカーテンもモノトーンで統一して、洗練された雰囲気を作り出してみましょう。アクセントとして一つの家具だけ差し色を入れてみると、全体の雰囲気がより締まっておすすめです。

・ナチュラルな絵画を飾る

木の雰囲気がある穏やかな部屋には、ナチュラルな絵画がおすすめです。絵画を置くことで、まるで自然の中にいるかのような安心感を感じることができます。絵画だけでなく、木製の雑貨や観葉植物などを一緒に飾るのもおすすめです。

 

■まとめ

今回はおしゃれなインテリア絵画の飾り方について紹介してみました。いろんな絵画と飾り方があるので、シチュエーションに合わせて検討してみてくださいね。

また、お部屋にぴったりなインテリア絵画を探すなら、ぜひCiima~シーマ~を覗いてみてください。あなたにぴったりのアート作品と出会えるかもしれません。

Ciimaのサイトショップはこちら